THE LEGEND OF RPG COLLECTIONに行ってきました

こんにちは。くろネコです。

JAGMOが開催する、THE LEGEND OF RPG COLLECTIONに行ってきました。
開催をTwitterで知り、日付の確認も同行者のアポも取らないままチケットを購入しました。曲リストがポケモン、クロノトリガー、FFですもん。いくしかないでしょ。

指揮者のいないアンサンブルコンサート。アンサンブルコンサート自体初めてで、どんな風に進行されるのか楽しみでした。
曲目リストをJAGMOより転載します。(アンコールは本家サイト非掲載&当日の並び順に変更)

第I部:ポケットモンスター 赤・緑

「~オープニング~」
「ポケットモンスター 赤・緑 冒険のメドレー」
トキワへの道―マサラより ~ サイクリング ~ タマムシシティのテーマ ~ ロケット団アジト ~ ラストバトル(VSライバル)

第II部:クロノ・トリガー

「管楽セレナード クロノ・トリガー メドレー」
風の憧憬 ~ ガルディア千年王国祭 ~ ゴンザレスのお歌 ~ 愉快なスペッキオ ~ 王国裁判 ~ カエルのテーマ ~ シルバード -時を渡る翼- ~ クロノとマール -遠い約束-

第III部:ファイナルファンタジー

「プレリュード」(FINAL FANTASY)
「反乱軍のテーマ」(FINAL FANTASY II)
「ハンターチャンス」(FINAL FANTASY IX)
「ビッグブリッヂの死闘」(FINAL FANTASY V)
「ティナのテーマ」(FINAL FANTASY VI)
「Eyes on Me」(FINAL FANTASY VIII)

アンコール:「チョコボのテーマ」

泣いた。
ゲームを初めてプレイする時って、ソフトのパッケージの封を開けて、ソフトを取り出して、ゲーム機にセットするじゃないですか。あの新しくゲームをプレイするんだ、というワクワク感がよみがえったんです。今から音楽を聴くんだ、という気分ではなく、今から物語が始まるんだ、という気分になりました。

 

第I部:ポケットモンスター 赤・緑

一番初めの曲がポケモンシリーズのオープニング〜マサラタウンの音楽。プレイしたのは何年も昔なのに、体って覚えてるもんなんですね。プレイしたての新鮮な気分が湧いてきて、でもやっぱり懐かしくって。

プレイしたいつかの自分を、会場のみなさんで共有した気がします。ただただ泣くしかなかった。

 

第II部:クロノ・トリガー

ポケモンメドレーが終わるころには落ち着いていましたが、クロノトリガーメドレーに入るとまた泣くわ泣くわ。

木管楽器の独特な柔らかさが、クロノトリガーにしっとりと合うんですよ。もちろんゲームボーイよりスーパーファミコンのほうが、音の再現性があったってのもありますが、やっぱり良い。合う。特に、風の憧憬のチェロパート。切ないメロディとチェロのコンビネーションは反則ですよ。チェロ1台だけなのに、音がふくよかなんです。楽器ってすごい。

贅沢をいうなら、オープニングをやって欲しかったなぁ。

 

第III部:ファイナルファンタジー

最後、というか、メインディッシュのFFシリーズ。

ここからバイオリニストが加わっての11人編成。そして、バイオリンは力強い楽器だということを叩きこまれました。

繊細で可憐なイメージだったんですよ。バイオリンって。でも可憐さの欠片もなかった。繊細ではあるのだろうけど。

その力強さが発揮されたのが、反乱軍のテーマだったと思う。迫力満点でかっこよかったです。

そしてそして。最後のアンコール。まさかのチョコボ。
拍手以外終始大人しかった観客が、一斉に笑うというね。そらそうだよ。
とってもかわいい曲で幕引きとなりました。

 

 

満足したのは当然のことながら、8月、10月に開催される分も行きたいなと思わせてくれました。それほど良かったです。

ゲームが好きで、ゲームをプレイしてきて本当に良かった。

JAGMO http://jagmo.jp

 

 

追記

曲目リストの紙、記号がプレステのコントローラーだ。笑

bgm

  1. コメント 0

  1. トラックバック 0

return top